2008年1月9日水曜日

レジの見落としor新レジ導入?

1月7日の「正直者の頭に神が宿った? 」の続きです。

清算時に見落としを指摘されて、そのお礼に?
「サービススタンプ余分に押させてもらいました」の言葉

「サービススタンプ余分に押させてもらいました」

♪ ちょっと待って プレイバック プレイバック 
♪ 今の言葉 プレイバック
チャチャンチャラチャン
(ご存知、山口百恵風にw)

この「サービススタンプ余分に押させてもらいました」という言葉、どこかで聞いた気がする…
デジャブ?んーん、いや、現実に聞いた。それも柳月の別店舗で。
確か生ケーキをいくつか選んで箱詰めしてもらったときに、見落としがあって…
ケーキにはバーコードがついてないからねぇ…
でも、スーパーの鮮魚だって、レジでチェックできるようにしているんだから、なんとかなりそうなものだけど…
ポスレジ入れるのと、清算時の見落としと比較したら、
どうせ売れなきゃ廃棄するものだから… って感覚で、レジに余計なお金かけないのかな?
それとも、レジには充分その機能はあるけど、使っていないだけなのかな…

と、今年は本当に、このブログのタイトル、温泉やジョギングと関係ない話題が続いてますw

7 件のコメント:

fun-fun さんのコメント...

タイトルの意味がちょっとわかんなかったんだけど。

商品管理と言うことになれば POSシステムが対応しているとかレジがどうのこうのじゃなくて、廃棄される分も含めて
その数量とかは把握していないと いけないとおもうなぁ~。
それが、品質管理と原価管理にまで影響しますからね。

エリ さんのコメント...

柳月ではスタンプを押すサービスはマニュアルでOKになっているんでしょうか?とてもいいことですね(*^_^*)お客様のハートをgetしちゃいますね☆
fun-fun様の
>数量とかは把握していないと いけないとおもうなぁ~。
それが、品質管理と原価管理にまで影響しますからね。

私も納得です・・・

さんのコメント...

funさん、エリさん、コメントありがとうございます。

コンビニ等だとバーコード管理で、仕入時、販売時、棚卸時それぞれで数量管理してますよね。
で、お菓子屋さんで、バーコードをピッとやっているとこを見た記憶がありません。
たぶん、手打ちなんじゃないかと。
実際、生ケーキ等ではバーコードも付けられないので、在庫数(廃棄数)の管理なども、わりと正確ではない?のかなぁ…と。

ということで、タイトルの意味は、
・現状のままでの「レジの見落とし」によるロスの金額と
・新レジ導入など新しい管理の仕組みを導入する費用と
どっちがお得か?という意味でした。

あ、そうすると、タグは「お得」でくくれたw

fun-fun さんのコメント...

なるほど、タイトルの意味わかりました。
m(__)m(どもです)

こちらも地元(小さな手作り洋菓子店等)では、
商品管理はあいまいっぽいですね。

>エリさん
様は 恥ずかしい。。。(^^ゞ

エリ さんのコメント...

最近、様をつけるのがマイブームでした☆
マイブームって言うほどでもありませんがwww

fun-fun さんのコメント...

私は 未だ行ったことがありませんが、
様付けされると
なんとなく メイド喫茶にいるような
気分かも。(^_^;)

さんのコメント...

お帰りなさいませ、ご主人様m(_ _)m
コメントもったいのうございます

と、funさんに言ってみる(笑)