2008年10月31日金曜日

円高と技術革新

タイトルが大げさですw

仕事の関係で、古いパソコンを処分しなければならないことが、ときどきあります。
普通ならリサイクル料金払っての処分ですが、
中古電化商品を買い取り東南アジアなどにパーツとして販売する業者があって、
そこはリサイクル料金支払わないどころか、持ち込むといくらかのお金になるので、
時々利用してました。

例えば、17インチのCRT(ブラウン管のディスプレイ)は、春には600円で買い取ってもらいました。
(これ、普通、リサイクル料金だけで4200円かかります)
で、今日、同じものを持っていったら…

まあ、ここ最近、円高が進んでるし、東南アジアの国が買うといっても大変だろうなぁ…と思いましたが、
行ってビックリ!いくらだと思います?





50円でした。

お金取られなくて良かったw

・10月30日の歩数計 5829歩
・10月30日のジョギング お休み
・10月30日の○△× ○

2 件のコメント:

ぽ さんのコメント...

近所には引取りに際してお金をくれるようなところはないので、先日、旧式Mac(NuBus)と、17inchCRT、Sotecのwin98マシンを処分するのに、千葉かどっかの業者で「どんな古いPCでも、部品が欠けたものでも、連絡せずに送りつけるだけでOK」というのを見つけて、HDDだけ抜いて宅急便で送ってしまいました。ほんとそれっきりで済みました。

さんのコメント...

ぽさん、コメントありがとうございます。
それだけ送るとなると、送料もけっこうしますよね…