2008年9月24日水曜日

非の打ちどころがない話

今朝のワイドショー「とくダネ!」で小倉さんが、
「非のつけどころがない」と言ってました。

ん?
「火のつけどころがない」=放火防止
「目のつけどころが」シャープ
など、頭の中にいろいろな思いがぐるぐる…

やっぱ、「非の打ちどころがない」でしょう、ね。
では、この場合の打つとはどういうことなのか…

「非」=「悪い」とか「正しくない」、と言う評価を、「打つ」=「つける」、ところがない。
ということと理解するのがオーソドックスのようです。

しらべたら「非を打つ」という言葉が辞書にありました。
意味は、「悪いところを指摘する。非難する。」でした。

・9月23日の歩数計 27943歩
・9月23日のジョギング 10分ウォーキング、片道8Km程度ゆっくり走り折り返しで食事してまたゆっくり戻る、10分ウォーキング
・9月23日の○△× △

1 件のコメント:

ラフティングGOGO! さんのコメント...

初冠雪があったようですね。