2008年2月18日月曜日

回数券の小さな話

普段よく使うJR北海道の新札幌・札幌間の料金は片道260円です。
札幌を越え、桑園、そして琴似まで行っても新札幌からの料金は片道260円です。
しかし、新札幌~札幌の回数券で桑園や琴似へいくと、札幌からの分の料金を追徴されます。
と、ここまでは以前このブログで書きました。

今日、いつものように新札幌から札幌へ回数券利用で行って仕事をし、
帰るときに回数券を使い切ってしまってのに気がつきました。
札幌で回数券買おうにも、自動発券機では札幌起点の回数券しか買えないので、
しかたなく、普通の260円の乗車券を購入。

で、改札へ向かおうとすると、赤いコートを着たJRの案内お姉さんが眼にとまりました。

どうしようかな?と頭は躊躇したけど、体はまっすぐお姉さんのもとへ(笑)

自分
「普段、新札幌・琴似間の回数券を利用していて、
今、回数券が切れてしまったので買おうと思ったけど、
新札幌・札幌間の回数券では琴似までは利用できませんよね」
おねえさん
「はい、札幌までで琴似まで行くと追加の料金が必要になります」
自分
「ここ札幌で回数券を買うと、札幌・新札幌間のしか買えないですよね?」
おねえさん
「はい、発券機では札幌からのしか買えませんが、みどりの窓口で買うことができます」

えーーーーっ そうなんだ、みどりの窓口で買うって手があったんだ~

自分
「あ、そうなんですか。参考になりました。ありがとう」
「あっ、でも今日は普通の乗車券買っちゃった…」
おねえさん
「未使用の切符は精算窓口で払い戻しできますよ」

おーーーーっ そうなんだ、払い戻しできるんだ~

精算窓口に行き、「これ払い戻しお願いします」と切符を差し出すと、
窓口のお兄さん、うさんくさげな視線です。
おっと、拾った切符を払い戻ししているように見られたかしら…と思い、
あわてて「あ、回数券に買い直しをしたくて…」と言ったら、
笑顔になって返金してくれました。

みどりの窓口で、新札幌・札幌の回数券を求めると、
通常の小さな切符ではなく、特急券指定券などの切符類と同じ用紙で11枚印刷されてきました。

という、金額的には非常に小さいお話でした(笑)

たぶん、みどりの窓口だから、回数券購入時でもクレジットカードが使えるはず。
そうなれば、カードのポイントも…  と、なお一層、小さくなった…

2 件のコメント:

fun-fun さんのコメント...

現地へ行ける環境では無いものの いつも楽しく 読まさせております。
さて、 今回のブログの内容とは 全く違うのですが、
以前、ここで紹介された 紙石けん「初雪」を購入しちゃいました。

本音を言うと、現物見てからは買える値段では無いような気がしちゃいました。。。(^_^;)

まあ、以前ここへのコメントに書いたとおりで
女性へのプレゼントとしては 粋だな と思っており、相手の受け取り方にもよるだろうけど
、自己満足は出来そうです。

改めまして  情報感謝しますm(__)m

さんのコメント...

funさん、コメントありがとうございます。
「初雪」、確かに1050円払って実物を見ると???って感じがしますねw

でも、プレゼントで貰う相手は1050円払うわけではないので、喜んで貰ってくれますよ…
と、経験談ww